コンビニ夜勤は暇?楽?大変?体験者が語る

コンビニ夜勤は、確かに暇です。
具体的に言うと、22-24までは忙しいですが、24-6は一時間の客数が5人程度なので、暇です。店によっては0のこともあるでしょう。

ただし暇といったのは他の時間と比べてであって、ずっと椅子に座ってていいわけではありません。
例えばウォークイン補充、中華まんやおでん、フライヤー機器や揚げ物トレーの洗い物、翌朝に向けた弁当やパン、菓子などの納品、冷凍便納品、日替わりの販促物の取り付けや取り外し、日替わりの廃棄、ごみ捨て、コーヒーマシンの清掃、返本、等作業はあります。これらの作業をどういう順番でやるかは個人の裁量に任されているので、まとめてやってまとめて休むのもよし、眠くならないように分散するのもアリです。基本的に退勤までに作業が終わっていれば椅子に座ってスマホしようが飲み物を飲もうが食べようがサボりといわれることはありません。

いいことばかりのようにみえますが、ほとんどの店は1時や2時ぐらいまでは二人体制でやっています。(都会では3人以上のことも。完全ワンオペの店もあります)そのため相方と性格があわないと、非常に仕事しづらいです。夜勤スタッフはどうしても考えが短絡的なことが多いので訳の分からないことを言われたらすぐ店長に報告するようにしましょう。ごくまれに店長も短絡的になっていることがあります。そういう店は救いようがないので別の店に移りましょう。

客層も昼に比べれば悪くなるので、酔っぱらい、ホームレスのような人や不良少年、態度の悪いドカタなどを相手しなければなりません。場合によっては警察沙汰になることも。強盗も深夜が多いので夜勤をやる以上は覚悟しておかなければなりません。とっさに非常ボタンが押せる、非常時対応がしっかりできる人が任されやすい傾向です。
合間を見計らって5分や10分トイレや仮眠をとることはできますが、看護や病院のように数時間単位の仮眠は与えられず基本的に勤務中は一睡も許されません。なので「暇」とよく言いますが夜中寝るようにできている人間にとって夜中起き続けるだけでも凄く大変なことなのです。
また他のサイトにもあるように楽ということで年に一人か二人ぐらいは「フルで稼ぎたい」と言う人が現れるので既存の夜勤が枠を取られて稼げなくなります。長くても無言の圧力で3年程度で追い出されてしまいます。楽ですが長く安定的にできる仕事ではありません。

Q:一人ですか?
店によります。1時や2時まで人を置いている店もあれば、22-6ワンオペの店もあります。
働き始めてからトラブルになるのを防止するために、問い合わせや面接の時点でワンオペかどうか、何人体制なのかを確認しておきましょう。また22-6の契約なのに7時や8時まで労働者の意向を無視して勝手にシフトを延長しているケースも聞きます。休憩と称して1時間分の賃金を勝手に引いている店もあります(違法) そういう店は即退職しましょう。

Q:体力取られますか?
昼間よりかなり体力を消耗します。昼間の10倍ぐらい消耗します。(なのに時給は1.25倍しかくれません)深夜に起きているだけでも体力を消耗するのに、深夜は暇でしょうとなんでもかんでも仕事や納品をぶち込んでくる本部や食品メーカーの上層部には是非夜勤をやってもらいたいですね。

Q:メンタルは必要ですか?
メンタルは必要ですね。メンタルがない人はすぐに続かないと言って昼や夕方に移ってしまいます。具体的には一人で孤独が続いても耐えられる能力、深夜長時間起き続けられる能力、何があっても動じない能力、危険があった時の対応能力、ワンオペ中に見計らってトイレに行く能力が必要です。ある意味気の強さと粘り強さが求められます。

Q:警察対応苦手ですが・・・
警察対応ができない人、苦手な人、訳ありな人は夜勤はできないとお考え下さい。それ以外の時間で勤務することをお勧めします。

Q:深夜勤務初めてですが・・・
最初の2~3回はワンオペ店であってもトレーニングでもう一人ついてくれて教えてくれますので安心です。(経験者はいきなりワンオペの場合もあります)親のどちらかが深夜勤務をしていた場合は遺伝子で深夜起きやすい体質になっているかもしれませんが、そうでない場合はまず体を昼の体質から深夜の体質にする必要があります。深夜に働く前に、1週間程度仕事の時間帯に合わせて行動すれば深夜の体質になります。

Q:時給は?
昼の25%増が法律で義務づけられてるので、昼の人よりは時給は高いです。
都会では25%増程度では店員が集まらないので、30%や40%増の設定になっています。(東京は昼1,000円、夜1,300円とかザラです)
たまに「夜は暇なのに時給が高い」という人がいますが、25%は法律で義務づけられた割増であって基本給は昼と同じです。

Q:女性でもできる?
一般的にコンビニでは「女は夜は危ない」とされています。根拠は不明ですが、強盗や不審者等のリスクが高いためほとんどの経営者はいい顔はしないでしょう。
平成11年までは女性は深夜労働禁止でしたので、その名残があるのかもしれません。
22-0や22-1など浅い時間までであれば採用してくれる店もあるかもしれません。

Q:ワンオペは違法ですか?
直ちに違法というわけではありません。
違法かどうかは休憩時間と関係があります。労働基準法では6時間を超えて働く場合、45分の休憩時間を定義しています。
しかし、ワンオペだと休憩できません。(椅子に座っていてスマホいじっていても客待ち時間であり労働時間。ワンオペで休憩引くのは違法)
ということで「6時間を超えたワンオペ」は違法になりますが、ワンオペで稼ぎたいという需要もあるので放置されているのが実態です。
警察は「深夜のワンオペはちょっと~~」と言ってくるので違法のように感じるかもしれませんが、あくまで警察は防犯面からお勧めできないと言っているだけです。

夜勤やりたい!というのはいいことですが、メリットデメリットをよく検討しましょう。