東北・上越・北陸新幹線 座席背もたれが戻ってしまう場合の対処法

JR東の東北新幹線等において、レバーを倒して背もたれを使おうとしたら元に戻ってしまったという事は無いだろうか。レバーを押しても無反応で、体重を掛けたらそのまま倒れてしまい、体重を戻したら戻るというような挙動である。もしかしてリクライニング機構が壊れているのではないかと思うぐらいの挙動である。
結論から言うと、座席回転時の固定が甘い場合にこの事象が発生する。リクライニングした状態で座席を回転すると破損するので、それを防ぐ為の機能なのだろう。
座席回転は座席に人がいない状態で、サイドにあるレバーを足で倒す事で可能であるが、もし上のようなケースが発生してやり方も分からないという場合は通りかかった車掌に聞いてみてもらいたい。