画素数=画質=綺麗に写るというのは間違い?センサーサイズが画質を左右

スマホやコンデジ等において、高画素数=画質が綺麗と思っている人もいるかもしれないが、厳密には間違いである。
厳密にはそのカメラ内部にあるイメージセンサーの大きさによって左右される。一番大きいのがフルサイズ、次にAPS-C、1インチという順番になっている。イメージセンサーのサイズが大きければ大きくなるほど、当然それに比例してカメラの大きさも大きくなる。スマホに搭載できるのは1インチが限界であり、それ以上はまず無理だろう。
つまり、イメージセンサーが大きければ1200万画素でも綺麗に写る訳であり、一方豆粒ほどのイメージセンサーが4000万画素とか5000万画素とか言った所で、元々の画質が悪ければそれを引き延ばしても同じ話である。例えれば、元の写真をA4やA3に拡大するケースを考えてみると、元の写真の画質が悪ければいくら4000万や5000万といっても無意味なのである。
しかし、最近のスマホは1200万画素でもやたら高画質な製品も存在する。ポジショニングという技術を用いており、本来5000万画素で保存できるカメラを1200万画素で保存する事で、イメージセンサーの大きさを4倍相当に見せかけるものである。また、1枚撮影時に内部で複数枚撮影して合成し、夜景等を綺麗に見せるような技術も使われている。
総合すると、画素数だけでカメラのスペックは測れないという事であり、イメージセンサーの大きさも考慮する必要があると言えるだろう。