ツイッター、休眠アカウント削除 30日に一度ログイン必要

ツイッターが、休眠アカウントを削除すると発表した。対象になるのは30日間ログインのないアカウントである。
なぜ?と思う人もいるかもしれないが、昔ツイッターはテキストだけで画像や動画を張りたければ外部サービスを利用する必要があったが、最近は画像や動画も自社で抱え込むようになりデータ量が増大しているのが原因だろう。データを維持するにはお金が掛かる訳であり、それを知らない人が結構多く、ツイッターに限らず休眠アカウントを維持し続ける行為はネットサービスにおける大きな課題になっているのである。例えばリアルの話で言えば、会社の営業書類等をいつまでもファイルに保管する事は出来ず、一定期間で整理したり処分したりするのと同じである。
30日は短いという人もいるかもしれないが、毎日ログインして使っている人であれば何ら問題無い訳であり、いつまでもツイート等のテキストデータ・画像や動画を保持する訳にはいかないという懐事情も理解しておく必要があるだろう。