コンビニ出禁後も来店で逮捕 泣き寝入り店舗多数の現状

静岡県牧之原市において、店員を怒鳴る等の迷惑行為を繰り返し出禁を告げられていたがその後も来店したとして、建造物侵入の疑いで男が逮捕された。
コンビニ出禁者の再来店は警察通報しても「怪我とかはないんでしょ」と言いくるめられ、謝らせて終わりというパターンが多く、逮捕になるのは極めて珍しく今回の対応は歓迎すべきであり全国に広まってほしいものである。
出禁は店員またはオーナーの裁量で行う事ができるが、一般的に店舗を買い物目的以外で使い、一線を越えている人のみが対象になるケースが多い。ほぼ毎日のように来店し店員を怒鳴っていれば出禁になるのは当然であり、その後も来店すれば建造物侵入になるので店員に出禁判定されないように買い物時の態度を各自で考えてもらうのは当然であるが、心当たりのある人は繰り返さないように気をつけてもらいたい。