愛媛県知事、国の法律「乱暴すぎる」一方でJRには協力する姿勢表明

愛媛県知事が、自治体との協議等によってローカル線の再構築等を行う事が出来るとした法律が成立した事について「乱暴すぎる」と表明した。マスコミの切り取りによってJRに対して発言しているように見えるが、実は国に対して文句を言っているのである。採算の取れない路線をいつまでも放置する事は民間企業にとって大変な事かもしれないが、一方で国有資産を継承したJRは安易に廃線すべきではないという反対意見も根強い。一方で、この法律の適用対象は原則として県を跨ぐ路線のみであり、仮に適用するとしても予土線のみであろう。もはや四国の看板駅となりつつある下灘を四国が簡単に手放すとは到底考えづらい。
東や西ではJRと自治体の対立が度々見られるが、四国においてはJRと自治体は基本的に仲が良く、喧嘩しているのを見た事がない。むしろ一致団結して「新幹線作るべき!」と叫んでいるぐらいである。もっといえばJRとバス会社が連携したり、琴電のイベントでJR四国グッズを販売したり、バス会社が観光列車にお手振りしたり、他社同士でも仲が良いようである。四国は災害が滅多に起きないが、ごく稀に起きる災害等で路線が不通になっても基本的に修復の姿勢を取っており、今回においても「観光振興でJR四国と協力していく」としており、観光列車を含め日々努力している部分を認めた格好となる。観光促進の点で言えば沿線自治体より頑張っていると言えるだろう。
愛媛県知事はJR再編論を唱えているが、ドル箱新幹線を抱えて誰が経営者でも簡単に黒字が出る東海や東がカネを出せば四国の赤字は安易に解消するが、株主がいて変な事は出来ないので、サンライズを走らせるのが最大限の救済策という状況になっている。仮に西と合併したら西はコストカッターなので普通列車以外の列車は消える事になりかねない。東海は金持ちだが、基本的に種類を絞った運営をしているので今のようにユニークな列車を沢山走らせる事を認めてくれるかは不明である。但しカネだけ出して細かい事には口出ししなさそうな会社ではある。という事で残りは東だが、今のユニークな列車たちは維持してくれそうだが特急は全席指定になり減車減便・窓口廃止に走りまくるのは言うまでも無いだろう。suicaを入れてくれたり長編成の列車を入れてくれる可能性もあるので、どこか選べと言われたら東という人は多いかもしれない。過去にも同じような話が持ち上がった事があるが、四国側が拒否しているので単独のままの運営が続いているのが現状である。西のシステム・車両を拝借し、たまに東から車両を買い、東海のような安定したサービス・検札・保線、九州のような観光列車と言った感じでJR各社をよく研究して良い所だけを取り入れたのがJR四国であり、分割地域がおかしいという不満も分からなくはないが合併が必ずしも四国の持続的な発展に資するとは限らないので慎重な議論が必要と言えるだろう。