JR東、定期券発行で窓口大行列 券売機での操作呼び掛けるべき

JR東管内の主要駅において、みどりの窓口に客が殺到する光景が後を絶たない。特に夕方以降が半端無いようで、建物内部まで客で埋め尽くされていた。特に昨年度窓口を削減した影響で、営業している窓口に客が殺到しているように見えるだけかもしれない。私鉄であれば新年度期間は特設券売機を設置したり特設窓口を増やしたりするだろうが、それをしないあたりがJRらしいと言えるだろう。

おそらく定期券の新規・更新と思われるが、定期券の新規や更新は券売機でも可能であり、最近はモバイルsuicaアプリでも可能になったので無理に窓口に行列を作ってまで待つ必要は無いのである。窓口で定期を出すのは当然の業務なので機械を使えとも言えないあたりがもどかしい所だろう。モバイルsuicaの定期だと紙では無いので通勤手当が出ないというのであれば券売機で発行すれば良いのである。都民はやり方が分からないとか自分でやると間違えるので係員にやってもらいたいとか大金を扱うので不安とか並んでいれば良い事があるだろうと横並びの風潮なので待つ人が多いのだろうが、暇な人は並んで待てば良いかと思うが急ぎたい人は機械やモバイルsuicaで試してみてもらいたい。