新幹線乗るなら「JTB限定列車」がお得 但し制限有るので注意

新幹線の往復と宿泊でJR公式のツアーサイトから予約する人も多いようですが、東管内に限っては公式から買うよりもJTBから買った方が安いです。新幹線切符はどこから買おうが価値は同じなので、なるべく安い方がいいですね。東海道新幹線の場合は逆に東海ツアーズの方が安いです。JTBも最近は進化したようで、購入後即時番号を発行し、その番号をJR券売機に打ち込めば切符が受け取れるようになっています。

JTBで東京→仙台等の区間を入力後、限定列車の欄を選択します。通常であれば追加料金が掛かる所、限定列車であれば選べる列車が少ない分、追加料金ゼロ円になります。青森だとはやぶさが出ますが、仙台だとやまびこしか出ないあたりが上手いですね。例えば東京→青森で宿泊パックの場合、びゅうトラベルだと27000円の所、JTB限定列車だと23000円で買えます。しかも公式は座席指定できませんが、JTBは初回に限り座席指定出来ます。
ただしJTB限定列車の最大のデメリットは「列車変更不可」の部分です。どのツアーも大体表向き変更不可と言っていても自由席に乗れば改札が開いたりしますが、限定列車の場合は座席変更含めて乗車券特急券から買い直しが必要という厳しい規約になっています。鉄道会社都合による運休等の場合は別ですが、客都合で単純に乗り遅れたといった場合はその切符は紙切れになります。安い切符にこのように制限を掛けるのは転売や不正防止の側面が大きいでしょう。
旅行会社の一覧に出てくるホテルは実際に社員が利用した所だけを列挙しているのかどれも一定水準を満たした物であり、カプセルホテルとか民宿は出てこないようになっているので安心ですね。ただし電話やメール等のサポートは混雑していて期待できないので、サポート無しと考えて決済を済ませ、当日は速やかに切符を発券して現地の予定を粛々と済ませ、粛々とホテルに泊まるようにしましょう。