圏央道4車線化、茨城・埼玉区間で開始 長年の悲願ついに実現


圏央道4車線化が、31日15時から茨城・埼玉の一部区間で開始された。久喜白岡~幸手の8.5kmと境古河~坂東の9.1kmであり、当該区間では最高速度が80km/hに変更される。圏央道は2014年頃から建設が進み蓋を開けてみたら交通量が予想より多く2018年頃に4車線化が決定、それから5年近い長い年月が掛かっており、その間の渋滞等による時間ロスは非常に大きな物であったのは言うまでもない。実際に当該区間を走ってみた。

真新しい綺麗な舗装と綺麗な車線、そして未来を思わせる圏央道の景色である。4車線になった圏央道はより輝きを増しているように見えた。ガードレール等の構造物も全て新品であり、違う高速道路を走っているかのようである。


この区間は最高速度が80km/hになっており、片側2車線だからと100出すと取締りに遭うので注意してもらいたい。

境古河から先は片側1車線に戻るが、この部分も工事は始まっており完了次第供用されるのだろう。圏央道は東京と繋がった事で交通量が激増しているのは言うまでもない。未来に向かって突き進んでいる穏やかな風景が垣間見える埼玉・茨城区間の圏央道は個人的に好きな所であり、残りの区間も予算を引き上げて早急に工事を完了してもらいたいものである。

高速道路の交互通行は非常に危険であり、早急に是正すべきである。民主党の事業仕分けからの流れで道路の予算をケチる方向になっているのかもしれないが、誰のおかげで宅急便が受け取れて米や野菜が食べられているのか考えるべきで高速道路は道路を作るのではなく未来を作る仕事であり、目先の交通量に囚われず道路に潤沢な予算を確保して早急に拡幅すべきである。常総市の桜スポットを見ながらそのような事を回想した所であるが、興味のある人はぜひ走ってみてもらいたい。