警視庁、パトカーで二輪追跡中に二輪逆走で衝突、乗用車逮捕でネット炎上

警視庁管内において、右折レーンを直進したバイクをパトカーで追跡していた所、バイクが一方通行の道路に入り込み逆走を開始、普通に運転していた乗用車と衝突して死亡させたとして乗用車の運転手が逮捕された。
詳細は不明であるが、仮に報道の通りであるとするならばなぜ何も悪い事をしていない運転手が逮捕されるのかとネットで炎上状態になっている。過失致傷の容疑であれば当事者に過失がある事を証明しなければならないが、今回の事件であれば追いかけているパトカーのサイレンや赤色灯に気づいて事前にクルマを減速させていたかが焦点になるだろう。結果的にそこに自動車がいたのでバイクがぶつかって死亡したというのはそうかもしれないが、逆走していたという事であればバイクこそ違法状態であり何キロ出していたのか、乗用車側にドラレコが付いていればその辺の経緯も明らかになるのは言うまでもない。地方の警察なら逮捕はせず事情を聞いて終わりだっただろう。
「これで逮捕されるなら都内でクルマは運転出来ない」という意見も出ており、まさにwinny事件のように誰かを悪者にしないと気が済まない警察の性と言う所なのかもしれないが、そもそも本件は逮捕されるべきであったのか、逮捕は逃亡の恐れがある時のみであるが本当に逃亡していたのは誰なのか、本当に悪いのは誰なのか、避けきれない事故でも逮捕されるのか、十分に議論してもらいたい物である。