城のホテル宿泊記 駅近で温泉有・客室豪華でアメニティも魅力

山梨県甲府市にある「城のホテル」に泊まってみました。城という名前が付いていますが中身はビジネスホテルであり、宿泊者のみ利用出来る温泉も完備されています。甲府駅から徒歩1分程度なのも魅力的ですね。ドリンクバーやワインなどが楽しめるラウンジもあります。周りにコンビニや飲食店等も多数あるので飲食に困る事はまずないでしょう。

建物も立派で、廊下を歩くとそのホテルの格が分かりますがここは格式が高いというのは多くのホテルを泊まっている人であれば分かるはずです。チェックインとアウトは機械で行いますが、旅行支援適用の場合はチェックイン時のみフロントに立ち寄る必要があります。エレベーターにはセキュリティが掛かっていてカードキーをかざさないと動かないので安心です。

部屋着はサイズ毎に各自で取っていく方式になっていますが、まずサイズ毎に持っているのが他のホテルではあり得ず、しかも上下分かれていて動きやすいのも良いですね。部屋から見えた桜と身延線車両です。

シングル部屋はこんな感じで、レースカーテンに模様が入っていたりベッド周りのアメニティが多いのは魅力的ですね。ドレープカーテンが無いように見えますが、カーテンは完全に外部からの視線が遮断されるブラインド方式を採用しているので女性でも安心です。手前で靴を脱いで客室内はスリッパで移動します。これは最近のホテルの流行のようですね。

テレビは小さめですが、デスク作業をしやすくする為の工夫でしょう。水回りは比較的小さめですが卵型浴槽となっていて横が広いので身長の高い人も苦労せず入れます。温泉完備なので殆どの人は温泉に入るのでしょう。特殊な蛇口を採用しており、設定した湯量で止まるようになっています。

SDGsという事で全てのアメニティはフロント手渡し、あるいはフロント横のアメニティコーナーから持っていく形になっています。マウスウォッシュ等もあり、女性受けするようなアメニティが結構多かった印象ですね。

バッグ置きや空気清浄機、冷蔵庫やグラス等もあります。ガラス製品は割れるからと置かないホテルも多いですが、ガラス製品が置いてあるホテルは高級ホテルの証ですね。

ベッド回りはこんな感じで、手元のボタンで全ての照明をコントロールできるので良いですね。USB端子もあるのでスマホ充電も可能です。

最後に気づきましたが、テレビ下にスイッチがありデスクライトのオンオフが出来ます。また、LANやHDMIの端子もあります。部屋の装飾等を見るとJR東のホテルメッツがこれに近いですがホテルメッツは2万ぐらいする所、それの半値に近い値段で温泉付きでラウンジ付きという所で、人気の理由も分かるかと思います。興味のある人はぜひ泊まってみてください。