路上生活者に食品奢るフリして請求させ逃走、建造物侵入で少女送検

路上生活者(ホームレス)にコンビニで食事を買ってあげる等と言ってコンビニまで連れて行き、レジで商品代金を請求された時点で立ち去り路上生活者を困惑させたとして、それを実行した少女等が書類送検されたと報道があった。本当にお金を払ってあげていれば正義のヒーローで当人から感謝されていたかもしれないのに、一瞬の判断の誤りで人生を狂わせたのは残念としか言いようがない。
容疑は建造物侵入であり、コンビニに買い物以外の目的で侵入したという事でこの容疑が適用されたのだろう。強盗の犯人も買い物目的では無いので、当然建造物侵入の容疑が追加される事が多い。おそらく本人に払う意志が無いのであれば店舗側が商品登録を取り消して終了したのかもしれないが、動画は警察からすれば確固たる証拠であり、被害者に手を出していない単純な嫌がらせ動画であってもこのように立件される事があるので特に未成年等において気軽に動画を撮影してアップする行為は十分に注意してもらいたい。