JR四国「最大18分短縮」ダイヤ改正の広告がぶっ飛びすぎてる件

JR四国では、今春のダイヤ改正は皆無で唯一有るとすれば「東京~高松 18分短縮」である。これは新幹線やマリンの高速化ではなく、岡山駅でのマリン乗換時間短縮により実現する物でもっと言えば西管轄で西では少し取り上げられているが、それが四国ではトップニュースになるのである。JRのダイヤ改正を毎年報じるサイトやツイッター等でも「伝え方は非常に優秀」「A4用紙2ページで終了」「鉄道会社の広告はこうでなくっちゃ」等と好意的な意見が多いようだ。

四国のほぼ全駅にこの広告が掲出されており、時間短縮や高速化を目指す鉄道会社としての心意気が残っているという点で今のご時世にこのようなぶっ飛んだ広告を出せる会社はなかなか珍しいと言えるだろう。JR各社を見てもフリーきっぷを格安で販売し、ネットで頼むと送料無料で配送し、普通列車や特急で最高130km/h運転をバンバン行うのはここぐらいでありネット民が褒めている会社の一つだろう。よく見ると高松はマリンで、松山に行く場合は特急利用を推奨しているようだ。興味のある人はぜひ新幹線やマリンに乗ってみてもらいたい。