新幹線E2系グリーン車乗車記 引退視野も質実剛健な車内に感動

E2系のグリーン車に乗ってみました。期間限定のえきねっとトクだ値で半額になっていたのもありますが、引退が囁かれているE2系というのはかなりレアでしょう。上越新幹線が7分短縮を宣伝していますが、これはE2系引退に伴うもので東北新幹線も2026年頃にE2系の引退が囁かれています。

さすがバブル期に作られただけあって、椅子もかなり巨大です。中身が詰まっている感じがしますね。揺れや騒音は比較的少なめで、グリーン車なので乗り心地は良く快適に移動出来ました。2月のやまびこだからか、乗っている人は数人だけでした。

椅子から取り出すタイプの机は前の席を揺らす事になるので、グリーン車では肘掛けから取り出すタイプとなっています。E2系の一部はコンセントが設置されておらず、この車両は座席下や肘掛け部分、どこを見渡してもコンセントはありませんでした。

周りはこんな感じですね。窓もかなり大きく、質実剛健に作られていると感じました。最新鋭の車両は機能性には優れていますが全体的にコストカットしつつあるような感じも否めません。どの車両が来るかは当日の運という側面もあるかもしれませんが、興味のある人は乗ってみて下さい。