東京で10cm積雪恐れ、大雪警報発令 JR東「全部雪のせい」再来か

東京で10cm積雪を記録する可能性が高いとして、23区に大雪警報が発令された。このままのペースで積もり続ければ鉄道に依存する23区が麻痺するのも時間の問題であり、JRが昔唱えていた「ぜんぶ雪のせいだ」が現実の物になるかもしれない。

高速道路事業者であるネクスコも上のような発表を出しており、積雪が増える可能性が高い。
JRSKISKIが挑戦的なキャッチコピーを出している年は毎回雪でやられているイメージであり、今シーズンは「冬を取り戻すんだ」という事であり、冬を取り戻しすぎても鉄道が止まるので困るというのが本音だろう。
夕方ラッシュまでに何とかなれば良いが、ならないのであれば減便・計画運休を発表する等、早めの発表を行ってもらいたいものである。