スタバ店員は客に話し掛けるように指導しているのか?理由と心理を解説

スタバ店員に話し掛けられたという人も多いはずであるが、特にマニュアルは存在せず大体以下のパターンに収束する。
1.特殊店舗
2.特殊商品
特殊店舗というのは、いわゆるショッピングモールや路面店ではなく、高速道路上の店舗などの事である。このような特殊店舗では情報を入手する手段は高速を走行している客しかいない訳であり、客と会話する事で渋滞・事故情報を入手できたりするので積極的に会話するようにしているのだろう。例えば客が「事故渋滞で疲れたんですよ」と言ってきたとしたら「それは大変でしたね」等と言いつつ次の客に対する接客を変えてみたり、今日は売上が下がるというように仮定を立てるのかもしれない。
特殊商品というのは、一般的なコーヒー等ではなくカスタムを沢山加えたりあまり売れていないマイナーなメニュー、あるいはフラペチーノを頼んだ時であろう。チョコのカスタムを加えると「チョコお好きなんですか?」等と聞かれる場合もあるが、それにより何が売れるのか流行等を把握したり店舗の在庫調整に役立てている可能性もありうる。
当然スタバ店員も人間なので、将来の固定客や常連客になって欲しい人のみ話し掛け、対応の悪い客には話し掛けてこない。温厚で優しそうな人は話し掛けられる事が多いので、対応を良くしてみるのもポイントだろう。また逆に話し掛けられたら困るという人はモバイルオーダー等で無言で受け取る選択肢もあるので活用してもらいたい。