一時停止線を越えて停止したら即取締る警視庁 車速にも注意


警視庁の道交法取締りは異常に厳しく、信号無視でも線を越えて停止したらアウト、一時停止も車速をゼロにして線の内側にタイヤが完全に停止していなければならずはみ出たらアウトという全国で見ても異常に厳しい運用になっている。

箱崎の取締りは少し甘く歩行者や自転車がいないという観点から一時停止をドライバーが把握しているか程度のようであるが、それでも厳しい事に変わりは無いだろう。埼玉県警はこのレベルで厳しい取締を行う場合も稀に存在するが、地方県警では実際の自動車で急に止まるのは難しいという構造を踏まえた上で仮にこの手の取締をやる場合でも標識や標示を見ているか、止まる意志があるかどうかレベルである事が多い。標識や標示・線が劣化していても取締を行う場合があるようだが、本来はNGであり裁判を起こされたら焦点になるのは間違いないだろう。警察に止められ違反者が「止まっていたじゃないか」と言うと「線を越えてますよね」というやりとりは良く目にするが、一時停止というのは本来線の内側でタイヤの車速をゼロにして左右の安全を確認する本来は極めて厳しい基準である事を覚えた上で、取締りに遭わないように日々の運転に気をつけてもらいたいものである。