110円に180円注いだ疑いで男逮捕 コンビニで相次ぐコーヒー不正

茨城県石岡市のコンビニにおいて、110円のコーヒーを注文しておきながら180円カフェラテのボタンを押してコーヒーを万引きしたとして、男が逮捕された。カップのサイズが同じだったと報道されている事からローソンでは無いかと思われる。同様の不正を過去に数十回しており、店舗が連絡、署員が見張っていた所犯行に及んだようだ。たかが数十円の話と思うかもしれないが、全国でも逮捕者が出ており踏み切れると判断したのだろう。
この手の不正は多く逮捕者も出ているが、本部は抜本的な対策を打ち出せていない。なぜならこのような不正を織り込んで、正しいボタンを押すという客の善意で運営している物でしかないからだ。不正の差額は本部が補填してくれる訳ではなく全額店舗負担となる。コーヒーの抽出には水や電気、コーヒー豆等が必要でサイズに応じて価格を変えている理由はそれぞれ必要な分量が異なるからであり、特に最近は電気代高騰で店舗の経営も行き詰まりつつあるのが現状だ。コーヒーを万引きという新しい表現を生み出した点でれっきとした犯罪になるという事であり、全国の警察も店舗から連絡があった際にはしっかり動くようにしてもらいたい物である。