TX「土浦方面」延伸濃厚 距離・費用で優勢も実現には課題多数

TXの茨城県内の延伸について、ある場所に一本化したと報道があったが、その場所が土浦方面であると報道がされていた。当然JR土浦駅の隣に作った方が利便性は高い訳であり、現に土浦駅東口は開発行為があまりされておらず市営駐車場があるだけなのでこの辺に駅舎が出来る可能性が高い。ただし、あくまでも報道ベースであり県が正式に発表した訳では無い。以前から土浦を見越した場所となっており、距離・費用面から優勢とされていた。費用は誰が払うのかという意見も出ているが、開業時に「東京延伸は費用を出し合うが、それ以外は当事者負担」と定めた為、茨城県負担である。

TXの終点はつくば駅であるとしてマンション業者はつくばに集中投下してきたが仮に延伸が実現すれば拍子抜けという事になり、土浦駅に高層マンションが建ち並ぶようになり風景が一変する可能性も秘めている。ただし茨城県が案を一つにまとめたとしてもそれを国に答申して許可、実際に着工となるまでには長い年月が掛かるのは言うまでもない訳であり、県職員の人達も案をまとめてゴールではなくようやくスタートラインに立ったという事を理解する必要があるだろう。