快活クラブの鍵付個室で飲食は可能?警察指導で呼び掛け強化

快活クラブの鍵付き個室がシェアを伸ばしているが、客にとって面倒なのが飲食物の取扱だろう。コンビニや牛丼等、外で買ってきた持ち込み食事を部屋で食べるのは自由であるが、店舗内で頼めるメニュー等の場合、部屋まで持ってくる事は禁止で店舗側が指定する所定の場所で食べるという事になっている。これまでも禁止であり個室内に掲示は出ていたが、個室の入口にデカデカと告知文が掲示されるようになった。ドリンクバーも含むという事なので、究極な話を言えば水と氷でも店内で提供する飲食物の扱いになる。

暗い場所で店舗側が食事を提供したという事になれば風営法の対象になり色々と面倒な為、日の光が入る比較的明るい場所(オープンスペース)的な場所に食事が置かれてそこで食べるように指示されるケースが多い。滅多に無いとは思うが客がこのルールを破り何らかの法令違反で検挙されれば鍵付個室の存続に関わる可能性もあり得る訳で、運営や店舗を守りたければルールを守って利用してもらいたい。