CCleanerクリーナーおすすめ設定項目13個

Windowsの無駄なファイルを掃除してくれるソフトの決定版「CCleaner
これをやると動作が速くなるわけではないですが、無駄ファイルが消えて空き容量が増えるのと何となく気分が爽快になるので、たまに使っています。

ソースネクストで売ってるようなプロの掃除ソフトと同等の機能が無料で実行できてしまうわけですが、設定をうまくしないと掃除されすぎてかえって不便になることも。
私が常用している設定項目をまとめましたので、参考にして下さい。

Microsoft Edge、Internet Explorer
履歴、クッキー、セッション、保存されたフォーム情報、パスワード以外はチェックON

エクスプローラ
全てチェックを外す
サムネイルキャッシュ:オフ
・・・写真の縮小版が保存されていてこれを消すと写真が大量にあるフォルダを開くとき時間がかかります

システム
ゴミ箱を空にする:オフ
・・・ゴミ箱が常に空の人ならいいですが、私のようにたまりすぎて何が何やら、何かあった時取り出せるようにしておきたい人はオフ
一時ファイル、クリップボード、メモリーダンプ、CHKDSKのフラグメント、ログファイル、エラー報告:オン
・・・この辺は消しても問題ありません
DNSキャッシュ、フォントキャッシュ、スタートメニューのショートカット、デスクトップのショートカット:オフ
・・・怪しいのでオフにしています

拡張設定
Windowsイベントログ:オン
・・・診断するような人以外は削除で
古いプリフェッチデータ:オン
・・・ほとんどの人は必要ないでしょう
メニューオーダーのキャッシュ、システムトレイのキャッシュ:オフ
・・・謎なのでオフ
ウインドウサイズ、表示位置のキャッシュ:オフ
・・・オンにするとソフトがいつもの大きさで開かなくなります
環境PATH、ユーザーアシストの履歴、IISログファイル:オフ
・・・解説読んでも理解できなかったのでオフ

削除指定ファイル:オフ
・・・ほとんどの人はオフでよいでしょう
空きスペースの抹消:オフ
・・・これにチェックを入れるとものすごく時間がかかるので絶対にチェックを入れないこと

レジストリ掃除については、実行すると一部ソフトの動作が不安定になることがあるので、実行しないことをお勧めします。
しかもバックアップを取っていない限り元に戻すことができないのも問題。
システムの復元で戻しても元に戻る保証はありません。そういうわけでリスクが高いので注意が必要です。

Q:日本語に対応していますか?
サイトは英語ですが、インストーラや本体は全て日本語対応済みです。解説の一部など細かい部分で変な訳が出てきますが、普通に使う分には問題ありません。

Q:危険ではないですか?
レジストリのクリーナーは危ないのでお勧めしませんが、ファイルのクリーナーはかゆいところに手が届くというかいいところをついていてお勧めです。
※ただし上の設定項目通りに設定すること

Q:マルウェアの噂がありますが?
海外の一部サイトでダウンロードという偽バナーが有りそれをクリックするとマルウェアやウイルスが入ってしまいます。
必ず公式サイトからダウンロードするようにしましょう。

また実行頻度についてですが、月1回程度で十分です。
毎日実行する必要もありませんし、週1回は多すぎます。
初めて試す人は実行してみると何十GBのゴミデータが取れる可能性があります。その分自分の空き領域になるわけですからありがたい話ですよね。
今知ったという人はぜひ試してみて下さい。

コメントする