JAL・ANA、機内オーディオサービス終了 利用低迷もコスト削減一環

JAL・ANAが2021年頃から機内オーディオサービスを終了・縮小しているようだ。JALに搭乗したが、確かにチャンネルの数字は表示されず、イヤホンを差し込んでも映像の音声、機内アナウンスしか聞く事が出来ない。昔は有線イヤホンが配布されていたが、こちらも廃止になったようだ。全盛期は8チャンネルぐらいあって数字をバンバン切り替えて番組聞き放題であっただけに残念というか少し寂しい部分もある。

客室内で音楽を流すにはJASRAC等の許可が必要なほか、番組制作費等や定期的に中身を入れ替える手間も掛かる一方、いわゆる格安と呼ばれるLCCは無駄なオーディオ等は一切廃止して座るだけのサービスを提供していてコスト削減に努めており大手も感染症の影響で追従せざるを得なくなったのだろう。代わりに客のスマホで機内Wi-Fiに接続すれば映像等を閲覧出来る仕組みになっているのでエンターテイメントが無いという人はそちらを使ってもらいたい。