JR四国の駅・沿線にはなぜ柵が無いのか?地元民を信頼している証拠

JR四国の駅や沿線には柵が無い、あるいはあったとしても非常に最小限であるとして関東から来た人がびっくりするようである。

こちらは予讃線の鳥ノ木駅であるが、確かに柵は最小限となっている。高松駅なども高徳線側は柵が低く、飛び越えれば外から入れてしまうぐらい緩い構造となっている。会社自体がお金がないというのもあるのかもしれないが、このような構造でありながらも人身事故はほとんど起きていない民度の高さと、仮に不正利用したとしても車内検札がしっかりしているのでそこで引っかかるので問題ないという理屈なのだろう。何でもかんでも規制したり柵を高めたりがんじがらめで苦しい世の中で息抜きしたい人は、ぜひ四国の駅を訪れて解放感を味わってみてもらいたい。