ファミマ「エコ割」されない苦情多数 外国人店員への周知に課題?

ファミマの「エコ割」について、割引がされなかったという苦情が相次いでいるようだ。端的にいうとこの値引は、店舗の任意の裁量で値引したい商品に値引シールを貼ったうえでレジで店員がバーコードをスキャンして手動で操作しなければ値引にならないので、忙しいラッシュ時間帯や外国人店員の場合は仕組みが理解できておらずそのまま売ってしまうという事が稀にあるようである。
エコ割がされなかったという場合には原則その場で、遅くとも1週間以内に店舗に申し出るようにしよう。エコ割はレシート内で「値引」という欄に計上されるのでその欄をよく確認してもらいたい。取引履歴や防犯カメラを検索し、確かに割引がされていなかったという事実が確認できれば差額の返金をする事になる。ストコンで登録して自動で値引するチェーンも一部にはあるようだが、ストコンを使わずレジ主体で値引する仕組みになっている訳で、外国人等が多い店舗では例えばストコンに登録しておき店舗裁量で6時間前になると自動値引みたいな機能を本部が開発してもらいたいものである。