動画で相次ぐ無断転載 許可・サイト・引用とはどう違う?

ユーチューブ等の動画サイトにおいて、他人の動画の無断利用が相次いでいる。真面目に自分で撮影した動画だけだと再生回数が回らないのが現状であり、処分覚悟で著作権違反のテレビ番組等を無断でアップする人が非常に多いようである。特に日本では中学・高校において著作権教育は皆無であり、それについて知っている人が少ないまま発信側に回ってしまっているのが現状だろう。
一次発信者の許可をもらっている場合は良いのかもしれないが、それでも動画サイト側で複製と判断されて処分される例はありうる。そして「引用だから」と言い張る輩がいるが、引用というのはサイト等の文字ベースを中心に作られた仕組みであり、動画ではそれは通用しない。なぜなら主従をどう示すのか等が非常に困難だからである。なので動画の場合は他人の動画を一部でも使えばそれは複製と判断される可能性が高いだろう。
知名度がない人は真面目に動画を作っても再生回数が回らないというのが本音かもしれないが、動画というのは本来そのような脆弱なサービスである事を理解する必要があるだろう。