パナの無線イヤホン「RZ-S50W」購入記 相場半額・高音質で快適

パナソニックのワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」を買ってみました。元々ワイヤレスには懐疑的ですが、初売りで安かったので買ってみました。発売時2万円程度の商品ですが、相場は6千円前後とかなり落ちています。ポロッと落ちるとか評判の悪い意見もありますが、普通に歩く分には問題無く初めての人や入門用としては最適だと思います。以下の機能が搭載されています。
・タッチセンサー:本体をタッチで曲の一時停止や音量変更、順送り等が可能
・ノイズキャンセリング:電車のような周期的なノイズ音をカットする事が可能
・アンビエントモード:外音を取り入れ、電車のアナウンスを一時的に聞く事が可能
・簡易防水(防滴)、マイク搭載なので通話も可能

このような感じで、製品が小さいので箱もかなり小さいです。充電はUSBポートのあるパソコンでやれ、と書いていますがType-Cなのでその辺のスマホ充電器でも充電できます。当然レッツノート持ってるよね、みたいなイラストが突っ込み所満載です。

箱から取り出すとケースと本体が入っています。本体とケース内にそれぞれバッテリーが搭載されていて、本体だけだと6時間程度、ケースで充電して使うと12時間程度持つようです。ケースは手の平に収まる大きさでポケットに余裕で入ります。イヤーピースはS、M、L、XLが用意されています。

中身を取り出してみました。かなり小さいですね。高音質を謳うイヤホンは本体が巨大になりがちなので、これぐらいがバランスも取れていて十分でしょう。ケースはType-Cで充電出来ます。

ケースに本体をセットします。こんな感じですね。

メーカーはパソコンとつなげと書いていますが、任意のスマホ充電ケーブルで普通に充電できます。
 
軽く充電をした上で本体を取り出し、耳に装着し、Bluetoothペアリングするとすぐに使えます。充電中はケースは白ランプで3段階、本体は赤ランプで表示されます。この手のイヤホンはペアリングしても自分の状態が分かりませんが、アナウンスで「接続しました」「切断しました」等と言ってくれるのはさすがパナですね。音質は良くもなく悪くも無くと言う所ですが、デジタル伝送なのでアナログから乗り換えた人からすればかなり向上しているように感じます。ノイズキャンセリングについて不満の人もいるようですが、そもそも消去するノイズがなければ意味が無いので電車等で試してみて下さい。かなり変わります。高級品を使っている人からすれば不満に思う部分もあるようですが、入門用としてはコスパ含めて良くできている製品だと思います。Bluetooth特有の頭痛のような現象も制御されていてかなり微小なので問題無く使えます。興味のある人は買ってみて下さい。