JAL・ANA「非常口座席」窓やテーブル・画面・追加料金徹底解説


JAL・ANA等の航空会社では「非常口座席」という席が設定されています。これは緊急時に脱出の手伝いが出来る人等の細かい条件に納得できる人だけが座れる座席であり、荷物が置けない・窓が無いという制約がありますが周りに人がいないので快適に移動できます。そして面倒なのか埋まる事が少なく最後まで空席である事が多いです。実際に何か実技や講習でもあるのかと覚悟して非常口座席に座ってみましたが、紙一枚渡され「これを読んでね」だけで終わりました。追加料金や差額は一切発生しません。

窓は機種によってある場合もありますが、無い場合もあります。窓があればラッキーと思っておくと良いでしょう。膝の上や座席下含めて、一切の荷物を置く事は出来ません。スマホ程度なら可です。荷物は全て座席上の荷物室に収納する必要があります。荷物が少ない人はこれでも十分でしょう。

背もたれから使える画面やテーブルは外されていますが、代わりに肘掛けからテーブルを取り出す事が出来ます。新幹線のグリーン車に乗った気分になれますね。興味のある人はぜひ乗ってみて下さい。