国交省「のぞみ」県内停車に向け調査開始 静岡冷遇是正すべき

国交省が新幹線「のぞみ」の静岡県内停車に向けて調査を開始すると発表した。大体こういうケースは既に東海と調整が済んでいる可能性が高いと思われるが、国交省が知事の本心に近い施策を打ち出したのは初めてではないだろうか。
川勝知事はこのような引き替えに何かを求めている事に関して否定しているが、こういうのは相手からの提示を待つのが普通でありわざわざ自分からそうですと言い出す社会人はいないだろう。東海道本線(東海)に乗ってみれば分かるが、車両も名古屋のお下がりばかり投入し、最近になって転クロも増えたが基本ロングであり静岡県内はほぼ全部各駅停車で快速も特急も極めて本数が少なく冷遇しているのが現実で、このような静岡冷遇運営が知事の東海嫌いに繋がりリニア拒否に繋がっている本心を国交省も理解すべきである。JRの快速で別料金を取るのはここと北海道だけであり、快速は無料とし快速と特急を毎時1-2本は設定すべきである。東海が嫌いなら東なら良いのかというツッコミも出てきそうではあるが、在来線による地域活性化という点で見れば踊り子やサフィール踊り子を熱海や下田まで走らせている東の方が知事は好きなのかもしれない。
静岡は富士山を中心とした観光で成り立っているが、東海はそれを無視してビジネス全振り、新幹線全振りという姿勢も知事は気に入らないのだろう。新幹線車内で一言アナウンスするとか減速するとか観光列車を走らせる等の配慮が一切見られず、せいぜい富士山優先で席を取ってくれるぐらいである。リニアが出来れば通過するだけの静岡はさらに空洞化が懸念される訳であり、水問題が落ち着いた現在、それに関しての解決策を見いだせるかが大きな課題と言えるだろう。