月額380円・非対面猫飼い放題に批判殺到「命軽く見すぎ」

月額380円かつ非対面・審査無しで猫が飼う事ができ、面倒を見る事が出来なくなったら返せるサービスが発表されたようであるが、それに対してネット上で批判が殺到している。
コンセプトやアイデアとしては評価できるとする意見もあるが、猫の命は380円なのかという点で命を軽く見すぎという否定的な意見が多いようだ。行政が譲渡するにしても対面で飼えるかどうかきちんと見ているはずであり、無審査というのも引っ掛かる点である。匿名ならばこの制度を悪用したり、命を粗末にしたり、それ目的のYouTuberが多数出てくる事も考えられる。動物愛護法を管轄する環境省及び政府も何らかのコメント及び対応を発表すべきであり、猫の事を本気で考えるのであれば月額料金も10倍以上に上げて最低1年は飼う事、書類及び対面での審査を必須にする等、審査の厳格化が必要であると言えるだろう。