高松東急REIホテル宿泊記 接客丁寧・駅や商店街に近くアクセス抜群

高松東急REIホテルに宿泊してみた。高松市に東急は走っていないが、ホテルなら存在する。接客も比較的安い価格帯でありながらクレメント並みに素晴らしく、さすが鉄道グループと思った所である。ホテルは当然立地も問われる訳であるが、商店街近くに位置してJR高松駅・琴電片原町駅徒歩8分圏内という事でアクセスもかなり良好である。コンビニもほぼ隣に位置しており徒歩0秒と言っても過言では無い。シングルの予約であったが、遅めにチェックインしたからかダブルにアップグレードしてくれた。最近はアップグレード確約みたいなプランを出すホテルも増えているが、当日の差額無アップグレードはやはり嬉しいものである。

エレベーターはカードキーをかざすと動く方式となっており、その客の階にしか行けない頑丈セキュリティになっており女性でも安心である。1階は出入口、2階がフロントになっており1階にフロントを置いていないのでコミュ障にも安心である。12月だったので巨大なクリスマスツリーが飾ってあるが、ツリーが置いてある所は接客も良い印象である。

部屋はこのような感じになっており、建築は1982年のようであるが壁紙等は綺麗に張り替えられている。テレビは割と古めの物を置いているが、古いテレビも味があって良い物である。ベッド周りも改装したようであり最新のLEDライトが採用されている。エアコンも古めであるが、業務用なので効きはかなり良い。壁紙の模様をよく見るとうどんのマークになっていた。

ペットボトルを数本配置するホテルも多いが、その代わりに専用カップを置いて各階のサーバーから水を飲んで下さいという形になっていた。なお、専用カップは持ち帰りできない。枕部分にはUSB接続も出来る変わった時計が設置されていた。

水回りも手に触れる部分は一式交換されており、快適に使用できるだろう。アメニティは歯ブラシのみとなっているが、フロント近くのアメニティステーションから必要な分を持っていく形となっている。東急ブランドが良いという人は勿論、立地や接客にこだわる人に特にお勧めであり、興味のある人はぜひ泊まってみてもらいたい。