JR東「えきねっと」偽サイトに注意喚起 身に覚え無い請求はカード会社に連絡

JR東の「えきねっと」で偽メールや偽サイトが相次いでいる問題を受け、会員宛に公式からメールが送られてきた。

内容としては上のような文面となっており、偽サイトに注意し、偽サイトの場合には個人情報等を入力しないように呼び掛けている。サービス更新・会員資格が停止・会員資格変更・退会に関するお知らせとかeチケットサービスが停止する等としてログインを求める内容は全て偽サイトである。また、万が一偽サイトにログイン情報等を入力してしまった場合、悪用される可能性がある為速やかにカード会社に連絡してカードを停止し、番号を変えて再発行してもらうのがよいだろう。さらに、勝手にログイン情報を使われ身に覚えの無い新幹線切符等が買われた場合、JRとしては「発券されたらどうしようもない」「乗ってしまったらどうしようもない」「券売機受取なので本人かそうでないか証明しようがない」という考えのようで不正があったとしても返金等の措置には応じていないようだ。その場合はカード会社に「勝手に新幹線切符が買われた」等と連絡すればカード会社の負担で返金措置等に応じてくれる場合もあるので連絡してみてもらいたい。