JR四国「美しいパターンダイヤ」マニア歓喜も他社では実現困難?!

JR四国では、原則としてパターンダイヤが導入されており、一番利用者が多い予讃線でもほぼ綺麗に時刻が揃っています。高松~坂出の本数が一番多いのでネット上では「JR香川」と揶揄される事もあります。単線の高徳線ではさすがに難しいようですが、特急だけは揃っています。

例えば坂出駅の時刻表ですが、多少のズレはありますが特急・マリン・普通列車含めてほぼ同じ時刻で運行されている事が分かります。そして、どこかの会社ではQRコードになりつつありますがきちんと巨大な縁に入れて時刻を明示していますし、どこかの会社では廃止されつつある時計も一切廃止される事なく付いています。仮に時計廃止の動きが広まったとしても四国は絶対に廃止しないでしょう。パターンダイヤで運行するには車両をどこに待避するか、待ち合わせ等含めて綿密な工夫が必要でありJRのような大きな規模の会社で実現しているのは極めて稀であると言えるでしょう。興味のある人は四国のダイヤを眺めてみて下さい。