初めてのアマゾン返品、意外と簡単! 条件・期限・理由・注意点は?

アマゾンの返品は原則ネット上で行うため、リアル店舗・電話が大好きな日本人にとっては少し敷居が高いかもしれません。
「なんで電話できないんだ!」という方も多いですが、無用な怒鳴りやクレームを防ぐために違いありません。
電話するには電話窓口を設置する必要がありますから余計な人件費がかかります。
あえて返品のハードルを高くすることで何でもかんでも返品できないようにしているのかも。

1.返品の条件
期限は原則30日。詳しくはここに記されていますが、すごく分かりづらい。
服、ファッション小物、シューズ、バッグ、腕時計、ジュエリーは開封済の返品返金が可能です(タグ外していない事、税込30万未満など条件有)
しかしこれは原則であって、交渉すれば・・・どうなるかは具体的には書けませんが交渉の余地はあります(あくまで電話やメールにて事情を聞いて個別の状況を判断するため必ずそうなるとは言い切れません。これからもアマゾンを使いたいので何とか、などアマゾン愛を訴えるしかないでしょう。当然過去の返品歴、1年でどれくらい利用しているかやアカウント歴も見るでしょう
例えば30日以内とあるが「31日」になった場合に一律不可というのか?というのはそれぞれの事情がありますよね。(例:海外旅行に行っていた、急病になった、など)
アマゾンは他社に比べて返品交換の条件を緩く設定しています。
これはなぜかというと、あえて緩くすることで顧客満足度を維持し、また利用してもらう為です。
高額なジュエリーや時計ならともかく、数千円や数万円程度ならばもめても意味が無いという事なのでしょう。
ただし緩いからといって何度も返品を繰り返すと、アカウント停止になったりBANされることもあります。

返品は、返金または交換を選ぶことができます。一部商品では返金しかできない場合もあります。
理由は必須です。なるべく具体的に書いた方がいいでしょう。人の目でチェックしますので何となくでは通りません。
例:「DDR3と間違えてDDR4を買ってしまった」
「単3と間違えて単4を買ってしまった」
「電球を買ったがソケットの形状が合わなかった」
※電化商品やPCパーツ等の初期不良の場合はメーカーに問い合わせ担当者コメントと担当者氏名が必須になりました

返品後の扱いは、商品や状況によって同等品再発送・返金(アマゾンギフト券、振込、カード)があります。
いずれも倉庫到着後に返金されます。

2.隠された電話オプション
あまり電話して欲しくないので、電話の方法も用意してはいますがかなり奥の方に隠しています。
原則は注文履歴→商品の返品と選んでネット上で完了ですが、電話したいという人は
返品交換の条件のページの左下にある「カスタマーサービスに連絡」から電話を選びます。

3.梱包
届いた箱があるならばそれでもいいですが、無い場合は適当な箱で構いません。
梱包もプチプチがあればいいですが、無い場合は新聞紙等でも構いません。
梱包材の代金が返ってくることはないので、最小限基本的な梱包でよいでしょう。

4.営業所に持ち込む
このページは、あえて分かりづらく書かれていますが、要は「このラベルはきれいにはがせます」のバーコードまたは、返品IDの分かるものを中に印刷(またはメモでもよい)して入れておいて、送付方法はヤマトでも佐川でも郵便でもいいのでそれぞれの営業所で伝票書いて普通に送るだけです。初期不良等アマゾンの責任の場合は着払いでもOK。
送り先住所はアマゾンから指示があります。関東だと千葉の倉庫だったような。海外になることはありません。
コンビニへ持ち込みとありますがコンビニでアマゾンの返品を受け付ける専用の何かがあるわけではありません。店員に「アマゾンの返品したいんですけど」と言っても「そんなの知りません」で終わりです。あくまでも通常の荷物発送扱いです。伝票書いてたらアマゾンの電話番号がないので店員に跳ねられたというサイトがありましたが、適当に自分の家の番号でも記入しておけば問題ありません。なぜならネット通販で番号がある方が不自然ですからね。

以上で返品完了です。

5.実例メール
過去に封印シールの解かれた商品が届き、交換したことがあるのでその際のメールを引用します。
個別の商品や個人情報を含む部分については***とさせて頂きます。

返品を申し込むと、こんなメールが届きます。

返品受付センターをご利用いただき、ありがとうございます。

以下のリンクから返品用ラベルを印刷してご利用ください。返送の手順についても、以下のページでご確認いただけます。

https://www.amazon.co.jp/****

返金をご希望の場合は、お客様から返送された商品を受領後、返金手続きを開始します。 返金処理には、商品受領後、通常1~3日(代金引換の場合は通常1週間程度)かかります。返金手続きが完了した際には、返金完了メールをお送りします。

返品について詳しくは、以下のURLからご確認ください: https://www.amazon.co.jp/****

 

その後交換を選ぶと、リアルの人間からこんなメールが届きます。

Amazon.co.jpにご連絡いただき、ありがとうございます。

このたびは、お届けした商品に問題があり、ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。

ご連絡いただいた商品『****』について、交換商品をお届けするよう手配いたしました。注文番号は***で、お届け予定日は*月*日です。商品を発送次第、Eメールでご連絡いたします。

お手元の商品は、お手数ですが日本郵便株式会社集荷サービス、宅配便または郵便局のゆう パックをお使いいただき、着払いでご返送ください。交換手続きをしてから30日以内にご返送いただけない場合、最初にお送りした商品の代金をご登録のクレ ジットカードに自動的に請求いたしますのでご注意ください。

返送先および返送方法については、以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/****

すでに元払いで返送済みの場合、返送料は全額負担いたしますので、以下のURLより配送会社名、伝票番号、返送料をご連絡ください。

http://www.amazon.co.jp/****

ご迷惑をおかけしたお詫びとして、当日お急ぎ便の配送料514円は、お客様のクレジットカードに返金いたします。

なお、このEメールに返信してご連絡をいただくことができます。その他ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

このたびの件につきましては、お客様にご迷惑をおかけしておりますことを重ねてお詫びいたします。
Amazon.co.jp カスタマーサービス

まず返品商品がアマゾンに到着する前の段階であっても514円の返金が行われます。

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

ご注文(注文番号:***)に対して、お客様へ¥514の返金処理が完了しましたので、ご連絡いたします。

この返金は以下の商品に対する返金です。

商品: ***
個数: 1
ASIN: ***
理由: アカウントの調整

返金の詳細は以下の通りです。

配送料: ¥514

ご注文の際にAmazonポイントご利用の商品を返品された場合、ご利用分のAmazonポイントはアカウントへ戻ります。

Amazonポイントの調整について:
今回返品した商品でAmazonポイントを獲得していた場合、そのポイントはAmazonポイントの残高から差し引かれます。すでにご利用済みの場合などで、Amazonポイントの残高不足の場合には返金額から不足分のAmazonポイント相当額が差し引かれます。Amazonポイントの残高をご確認される場合には「マイポイント」のページでご確認ください:
http://www.amazon.co.jp/MyPoints

以下に返金いたします。

Visaクレジットカード[有効期限 ***]: ¥514

クレジットカード会社の対応により、返金されるまでに時間がかかる場合があります。

その後、このようなメールが届きます。

Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

返品手続きをされた商品(***)について、交換品を送りましたので、***/09/16までにお手元の商品をご返送ください。***/09/16までに当サイトで返品が確認できない場合は、お客様が登録されているクレジットカード(Visa、****)に、交換品の商品代金を請求させていただきます。

不良品を送り返して5日程度で、このようなメールが届きます。

いつもAmazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

お客様にご返送いただいたご注文番号***の商品を、当サイトの返品受付センターで受け取りましたので、お知らせいたします。

返品手続きをされた商品情報はこちらのページでご覧いただけます。
https://www.amazon.co.jp/****

Amazon.co.jp のまたのご利用を、心よりお待ちしております。

Q:返品ボタン押したけどやっぱり返品辞めたい場合は?
そのまま放置でよいそうです。

Q:振り込み返金は何日かかる?
2週間ほどかかると明記されています。

Q:クレジット返金となったがすぐに返ってこない。
クレジット会社によって数ヶ月かかる場合があります。銀行振り込みも最大1ヶ月かかるそうなので注意が必要です。

Q:返品申請していない商品を送ったら?
1週間保管後倉庫で処分されます。返送される場合もあります。

アマゾン側に非があった(お急ぎ便で頼んだのに開封品を送ってきたなど)場合は、ギフト券が送付される場合もありますが、アカウント歴が浅いのに何回も返品しているとアカウント停止になる可能性もあるので悪用は厳禁です。全体の1割以上返品しているとマークされ、警告メールが届くケースもあるようです。
お急ぎ便は仕分け側も急いでいるのかミスも多い印象です。変な商品届いて欲しくないという場合は「通常便」を使いましょう。時間がかかるのは仕方ありません。
アマゾンで返品交換できるのか、という事ですが意外と丁寧に対応してくれます。もしこの手順でも難しいというようであればヤフオクやメルカリを使って売却するしかないですね。