高松駅「新聞と中華まんしか売らない無人セブン」全国的にも異例

高松駅改札外に、新聞と中華まんしか売らないセブンがある。全国同じ商材を基本とするコンビニでも駅ナカは基準が緩くなりサービス商材非設置でも許されるケースは多いが、セブンにしては極めて珍しい。改札内店舗がメインで外はオマケのようである。

例の椅子が並んだ待合室のような場所にこっそり設置されており、新聞と中華まん・飲料類のみを扱っている。店員はこちら側には常駐しておらず、会計をして欲しければ声を掛ける必要がある。徳島駅と違って専用レジは設置されていないので現金専用なのか、電子マネーやバーコード決済の場合はどうするのか気になる所である。不正があるのではという声もあるが、この待ち合い椅子は常に誰かが座っており抑止力になっているのは言うまでもなく構内に通常のセブンがあるので利便性が落ちる訳でも無い。興味のある人は是非利用してみてもらいたい。