飛行機は座席変更何度でも可能なのに新幹線はなぜ不可?柔軟展開期待

感染症の影響で他人と隣の席は避けたいという人も増えているが、新幹線と宿泊のいわゆるパックプランの場合座席の変更は出来ない。しかし飛行機のパックでは何度でも無料で、しかもネット上で可能である。保安検査通過後は不可能となる。

新幹線の場合、切符に既に座席が印字されているので不可能なのだろう。百歩譲ってJR東管内であれば指定の権利を捨ててオフィス車両に逃げ込めば良いので何とかなるが、東海の場合はオフィス車両も全車指定なのでその芸当は使えない。パック旅行は格安ゆえに座席の変更を認めていないのかもしれないが、窓口に行けば出来る場合もあるかもしれない。そして便や日付を変えられると会社の損失になり得るが、同じ便の中でどこに座るのかという事に関しては会社の損失にならないので認めても良いはずである。どちらにせよ新幹線事業者は直前の座席変更ニーズがある事を踏まえ、窓口で変更できる取扱とする、あるいは紙切符情報をネットに入れたら変更できる等の柔軟な仕組みを検討してもらいたい物である。