青春18きっぷ注意点 全国JR利用可能も特急・新幹線は利用不可

12月10日から青春18きっぷの冬期間が開始となり、旅行支援と相まって多くの利用が見込まれる。しかし、不正も多いのが現状であり、よくあるのが特急や新幹線と組み合わせできると思っていたという例である。青春18の乗車券効力は普通列車普通車自由席専用であり、それ以外の列車は全て利用出来ず何の効力も持たない。普通列車指定席・普通列車グリーン車の場合は運賃のみ有効。特急や新幹線に乗車した場合は乗車券から請求される事になるので注意が必要だ。逆に言えば正規運賃を支払えば特急や新幹線を使った移動は何ら問題無い。青森や宮崎の一部区間では特定区間完結を条件に例外があり、他社線が利用出来たり特急や新幹線に乗れる例もあるが、あくまでも便が少なく移動の利便性を考慮した特例措置である。何十年も続いている制度にも関わらずJRが大々的な注意喚起をしていないのも謎であり、客の勘違いを逆手に現場で正規運賃を取ろうとしているのでは無いかという思惑も垣間見える。また、自動改札機も利用出来ず必ず駅員がいる改札を通らなければならない。

JR東は辞めたい、四国はウェルカムみたいな報道も出ていたが、全国全路線を一日2410円で乗り放題というのは破格に近いのは言うまでも無いだろう。いきなり廃止と言う事は無いだろうが、1回分を残して転売されていたりする例を見ると将来的には署名必須になったり範囲が会社別になる事もあり得るかもしれない。不正が多いと廃止の議論も高まる訳で、購入した人はくれぐれも不正をしないようにしてもらいたい。