国民民主、連立入り報道否定も「対決より解決」新しい形に評価

国民民主党の与党連立入り及び玉木代表の入閣報道がなされ、自民・公明・国民がそのような事はないと否定したが、予算案に賛成してきたので将来的にはその路線になるのだろう。個人的には財務・行革・国交副大臣あたりに入ってもらいたいものであるが。総理になれば四国新幹線も実現するかもしれない。

変な人のように思われるが、香川県さぬき市出身という事で香川県はこのように建設的な人たちが多いのである。基本何にでも賛成ですからね。野党だろという意見もあるが、予算案に賛成して立憲・共産と決別したというのが現実であり、与党に合流できれば立ち位置を明確に出来るという狙いがあるのは確かだろう。政策を是々非々で評価し野党だから全部反対・反論というのではなく、対決より解決をモットーに活動している姿は庶民にも新しく映っているはずであり、与党の体制強化及び野党の弱体化という絶大なカードを自民がいつ切るのか今後に期待したい。