JR四国、切符購入アプリ開始 スマホ提示で乗車、他社相互利用も視野

JR四国が「スマートえきちゃん」と呼ばれる乗車券購入アプリの公開を開始した。11月28日からフリータイプの乗車券類が購入可能になり、徐々に販売範囲を広げ、最終的には一般乗車券・特急券や定期券の購入も可能となる。駅を指定した乗車券をスマホ表示で電車に乗れるのはJR初としている。

四国の駅構内には多数の宣伝ポスターが掲示されており、客も歓迎している様子であった。

プレイストアで探すと出てくるのでインストールしよう。iPhoneでも同じである。

規約とプライバシーポリシーに同意する。

ホーム画面になり、「ログイン画面へ」という部分をタップするとログイン画面に遷移するので新規登録をタップしよう。

また規約が出てくるので同意し、メアドを登録する。

認証コードを入力、パスワードを設定すると登録でき、ホーム画面に移る。そしてチケット購入の部分をタップしよう。

すると切符一覧が表示され、申し込みを押すとカード番号入力画面(初回のみ)になり、購入を行うという手順である。購入が完了すると動く背景と共にそれを駅員に見せる事で入退場・車内改札が可能となる。電波が通じない区間で車内改札が来た場合はその旨を告げて待ってもらうしか無いだろう。スマホの電池切れや途中で画面が割れた場合は無効になるので注意が必要だが、切符や定期を無くした落としたというリスクを低減できる他、琴電・船やバス等の他の交通機関との相互利用も視野に入れた設計になっているので今後は四国丸ごとこのアプリで行けるというようになる可能性も高い訳で今後の展開に期待したい。