JR四国「フリー切符」使用で特急乗車でも降車駅聞くのはなぜ?不正撲滅に必要

JR四国の特急は全国でも類を見ないほどかなり厳しい車内検札が行われており、全駅停車ごとに巡回し新規客が乗ったら即検札が掛かるほどである。四国内は比較的緩い運用だが、特に四国外から来る列車に対しては厳しく行われる。マリンライナー上級席もかかる場合がある他、朝・夕時間帯は稀に普通列車(各駅停車)に対しても行われる。無人駅もあるのと不正は無くすべきという鉄道ファンの高い評価を維持するためにも車内検札はガンガンやってもらいたいものであるが、一方で特急全線自由席フリー切符・グリーン車フリー切符等もあり、概ね2万円程度で購入できる。宿泊とセットだともう少し安くなる場合もあるが、あまりにも安いので普通に特急を4回ほど使えば元が取れる計算だろう。

で、特急に乗って有効な乗車券類であるフリー切符を見せると「どちらまで行かれます?」と必ず聞かれる。フリー客も怪しく思っているのかと思うかもしれないが、実はそうではない。四国における特急自由席に関して車掌は指定席のように扱っており、どの客がどの駅で降りるか全部記録しているのである。フリー客が乗り通すならまだしも途中で降り、その後同じ席に違う客が座るケースもありその場合は再度検札する必要があるので降りる駅を聞いているのだろう。あとは区間外の駅(児島~岡山は範囲外)を言った場合は差額の請求もあるかもしれない。ネットでは「フリーなのに聞いてくるのは不快」みたいなコメントも見られるが、不正防止の為にも協力してもらいたいものである。