ファミマ、三井住友タッチ決済5%還元終了 本部経費節約の一環か

三井住友カードは、カード会員がタッチ決済で会計すると5%還元が受けられる対象のチェーンからファミマを対象外にすると発表した。12月15日から実施される。レジでのタッチ決済自体は引き続き利用できる。

三井住友と参加チェーンがどういう契約になっているかは不明であるが、毎月いくらで固定額を支払うのか、あるいは客に付与される5%相当の決済金額のうち、ある程度の負担をチェーン側も負っている可能性が高い。コンビニ本部も物価高の影響で苦しい経営を強いられており、お金を出してもそれに見合う効果が無いと判断すれば撤退するのは当然であり、浮いたお金でより良い商品の開発に生かせるのであればその方が客の望む所でもあるかもしれない。タッチ決済を使う人は全体の1割程度なので費用対効果が薄い部分は言えるだろう。三井住友側としてもタッチ決済普及の出鼻をくじかれた格好と言えるが、コンビニ本部が参加したくなる施策の展開を期待したい所である。