ミニストップ、おにぎり100円終了 イオン系列も物価高騰の波不可避

ミニストップの看板施策であった「おにぎり100円」が10月から終了しているようだ。特に告知は無いようなので一時的なものか恒久的なものかは分からないが、昨今の電気代や円安等の影響を受けているのは事実であろう。実際に店舗に行ってみると、確かに終了していた。

確かに殆どのおにぎりが120~150円となっていて、価格表示もかなり小さくなっておりあまり見せたくないという意図が垣間見える。何円でもいいので価格は大きく表示してもらいたいものである。

紅しゃけを開けてみた。税込150円とセブンに迫る価格であるが、昨今の物価高騰では致し方ないのだろう。中身はノリがパリパリしていてしゃけも立派な物を使っており美味しく感じた所である。ネット上では「これなら他チェーンと変わらない」「コンビニ行く機会が減る」というコメントも見られるが、岸田政権が物価高騰に対して何も手を打っていないのが諸悪の根源であり、コンビニのおにぎりは一番景気や情勢を表している象徴と言っても過言ではないだろう。興味のある人はぜひ買ってみてもらいたい。