ホテルキャッスル山形宿泊記 老舗の高級感溢れる品格、飲食店併設で便利

ホテルキャッスル山形に宿泊してみました。おそらく市民で知らない人はいないぐらいの老舗ホテルであり、近くにアパもありますが部屋も少し広めで飲食店併設、ルームサービス(現在休止)やフィットネスもあるのが大きな違いですね。

山形駅は比較的アクセスしやすい構造になっており、エスカレーターやエレベーターも用意されています。新潟よりは寒くないですね。

この大通り沿いにあるのがホテルキャッスルですね。皮肉にもアパの看板が目印になります。部屋はこんな感じで、シングルながらも少し広めなのが有難いですね。

ベッド周りの照明も操作しやすいのは良いですね。コンセントや枕横のスマホ置きも用意されています。

水回りは感染症のご時世もあるのか、一式リニューアルされていました。言うまでもなくかなり綺麗ですね。

アメニティは部屋にセットされず、全て各階のアメニティステーションから取っていく形になっています。歯ブラシが2本・3本欲しい人にとっては有難いですね。山形の地域限定クーポンは紙で施設印・日付が無いと使えないのは勿論ですが、使う人本人の署名も必要になっています。転売防止の為かと思いますが、署名をさせるのは結構珍しいですね。

駅ナカ(といってもメトロポリタン敷地内)のとんかつ屋がクーポンに対応していましたので、それで料理を食べました。山形のクーポン対応店舗は少し分かりづらく、緑色のポスターが貼ってある店舗が対象となります。掲示していなくても対応している店舗も結構あります。クーポンはオレンジなのに緑と言う事で分かりづらいですね。全国どこにでもあるチェーンホテルは避けたいという人はぜひ泊まってみて下さい。