常磐線の普通・快速の違いとは?普通なのに駅を飛ばして快速運転

常磐線の普通と快速の種別はちょっと複雑です。
常磐線:交直流電車を使用して水戸方面まで向かう列車。普通と特別快速があり、普通列車は快速と案内。
常磐線(快速):直流電車を使用して品川~取手間を運転する快速列車。
常磐線(各駅停車):直流電車を使用して綾瀬~取手間を運転する普通列車。

快速列車に乗っていると駅を飛ばしている感覚を感じませんが、綾瀬・亀有・金町・北柏等は飛ばしています。そこから先は全列車各駅停車となります。つまり、土浦・水戸方面の常磐線普通列車も駅を飛ばしている訳で事実上の快速と言えるでしょう。本当の意味での各駅停車は常磐線(各駅停車)に乗るしかありませんが、こちらは取手止まりとなります。特別快速はTX対抗の為に新しく設定された種別で若干の時短効果がありますが、一日2~3本しか運行されておらずとりあえず対抗するフリを出しているだけであまり使えないのが現状です。常磐線の普通と快速の意味が分からないという人はぜひ参考にしてみて下さい。