JR東新幹線ホットコーヒー注文出来た件 高級コンビニ珈琲に匹敵レベル

JR東日本の新幹線において「ホットコーヒー」が復活したと報道が出ており該当列車も公開されていますが、実際の車内販売では「あいにくホット商品が品切れしておりまして」という事が多くありました。しかしついにホットコーヒーの注文に成功しました。該当列車を事前に発見する事は出来ませんが、車内販売の人が「冷たいお飲み物~」ではなく「ホットコーヒー」と呼び掛けていればホットコーヒーを頼めます。

こんな感じで砂糖やミルクも希望であれば渡してくれます。蓋をつけてくれるのは非常にありがたいですね。価格は税込250円で、現金のほか、suicaでの決済も可能です。ポットから注ぐ形なので提供に掛かる時間は30秒程度です。

こちらが新幹線で提供されるホットコーヒーです。実際に飲んでみるとコンビニで提供される高級珈琲に匹敵するぐらいの深いコクの味わいになっていると感じました。病みつきというかどんどん広げてほしいという要望が多く出るのも納得ですね。興味のある人はぜひ飲んでみてください。