新幹線指定席 乗り遅れOKは有名だが前の便の自由席に乗る事は可能?

新幹線の指定席に乗り遅れたらパック切符や契約切符でも後続の自由席に乗れるというのはよく知られていますが、逆に予定が早まったので早い便の自由席に乗るのは問題ないのでしょうか。結論から言えば問題ありません。「列車の変更は出来ません」と券面に書かれているのは窓口での指定→指定への列車・座席位置変更は出来ませんという意味です。
*東日本管内は規定が緩く、東海は規定が厳しいです。東海は「指定列車以外は無効」「こだま以外は無効」「乗車券特急券の買い直しが必要」等厳しいですので、券面の表示を必ずご確認下さい
新幹線の指定券は、その日付・区間における新幹線乗車券+新幹線特急券+指定券の三層構造になっています。「この列車のこの座席に座りなさい」と定めた指定券の本来の料金部分はシーズンによりますが500円程度で、実を言えば自由席とほとんど差額はありません。早い便の自由席に乗ると当然指定券の効力は無くなり指定券料金の返金は出来ませんが、それを了承できるならば乗車券+特急券の効力は生きていますので、問題なく乗車出来ます。ただし日付と区間・自由席乗車は守ってください。守らない場合は差額が発生します。

↑上記のように自由席で指定とは異なる新幹線(早い便)に乗り、上野までの券で大宮で降りた場合、特急券は無効になりますが改札は開きます。特急料金の返金はありません。乗車券の効力を残して出てくるので、在来線で下車時に差し込めば回収されます

↑はやぶさ・つばさ等、全車指定席新幹線の場合は指定の権利を捨てるとやまびこ等の自由席設置車両が来るまで後続列車には乗れませんのでご注意ください。
JR東海がスマホでフレキシブルに直前でも何度でも指定席を変更できるサービスを将来的に開始すると表明していますが、予定というのは早まったり遅れたりというのはよくある話であり、鉄道会社もそれに合わせたフレキシブルなサービスを展開してもらいたいものです。