ニューデイズのパンが意外とコスパ高く美味な件 大手三社遥かに超越

コンビニ大手三社のパンと言えば小さくなったり値上げを繰り返しているが、むしろ段々中身が増えているんじゃないかと思うのがJR東日本系列「ニューデイズ」のパンである。駅ナカ専用なので店舗によっては扱っていなかったりするが、色々買って食べてみた。もし世界最大の鉄道会社が運営するニューデイズが駅構内以外の路面店に進出すればコンビニ大手は更に過酷な戦いを強いられる事になるだろう。

味付けは素直ながらも割と控えめで、三社で言うとセブンに近い味付けになっている。砂糖も上質な物を使っており一口食べると大手コンビニとの質の違いが如実に分かるだろう。これはこういう味だよね、という所を本当に実現しているあたりかなりクオリティは高い。商品名にも「○○産○○使用」「○種の~」とか「コク旨」「○○香る」とか誤解を招く名前を使っていないので好感を持てる。大手三社でこの味をやるなら2倍以上になる訳で鉄道の利益が投下されているのは勿論であろうが、新幹線や特急で食べる事を前提としポロポロこぼれたり匂い等があまり出ないようになっているのだろう。コンビニ大手三社は大手三社同士で商品を食べて開発に生かしている部分はあるかもしれないが、知らないうちにニューデイズに先を越されているという現実を理解して品質向上に努めてもらいたい物である。