静鉄ホテルプレジオ沼津宿泊記 駅近・水回り三点分離で快適滞在

静鉄ホテルプレジオ沼津に泊まってみました。静鉄グループは静岡地区で鉄道等を展開する会社で、地元民から見ても安定感がありホテルもしっかりしているだろうという事で選ぶ人が多いようです。沼津駅北口から徒歩3分程度で、立地も分かりやすいです。

ツインルームに泊まってみました。照明はシーリングライトのみであり、いわゆる間接照明はありません。ベッド周りの照明が無いのもかなり割り切っていますね。エレベーターもカードキー必須、各階に自動ドアが設置されていてカードキーをかざさないと開かない厳重セキュリティです。

その代わりデスクにデスクライト標準設置なのは有難いですね。勿論お茶が用意されていました。

写真で見ても分かるかと思いますが、通路が結構広いので高齢者等もゆったり利用出来ると思います。

専用の洗面台もあり、三点分離となっています。客室からドアを開けるとトイレと洗面所、そしてもう一つドアを開けると浴室になっています。特に今までの主流だったトイレと浴室一体型が嫌だという人が最近増えてきているのでそういう需要に対応したのでしょう。これからのホテルは家庭的で滞在しやすいレイアウトに変わっていくのかもしれませんね。

一般的な家庭と同じように大きめの浴槽で座ってしっかり洗面できるのは有難いですね。窓を開けてシャワーをすると下の通行人に掛かるので禁止という掲示がありました。

枕元にはスイッチやコンセントがあり、シモンズ製ベッド採用のようです。リーズナブルな価格で一般的なホテルよりもワンランク上の滞在性が欲しい方に最適ですので、興味のある人はぜひ泊まってみてください。