山手線「ネトフリ電車」上から下まで真っ黒電車襲来で都民困惑?

山手線でネットフリックスのラッピングを施した「ネトフリ電車」が一日数本運行されているようである。このラッピング電車は一日1編成であり、山手線の総編成数は46編成なので見られる確率は46分の1である。東京都条例により広告物の面積は全体の10分の1以下とされているが、黒は開業当時の150年記念という名目でJR側が施工し、ロゴ部分のみを広告扱いとして上手く回避したようである。

この手の広告にしては珍しく、上から下まで全てラッピング、扉部分もラッピングされておりパッと見るとどの会社のどの電車なのか分からないぐらいである。一日数本でかなりレアでありおそらく期間限定と思われるが、運が良ければ見る事が出来るかもしれない。