群馬ローソンで110円カップに180円注ぎ逃亡で客逮捕 店主は振り落とされ重傷

群馬県のローソンにおいて、110円のコーヒーを注文し110円用の容器を受け取っておきながら、店側に無断で180円のカフェラテを選択して注いだとして逮捕者が出た。店主が発見して指摘した所客が逃亡を図ったため店主が車のワイパーにしがみつき、結果としてオーナーが重傷になるという報道が出ており、客は強盗殺人未遂等の容疑で逮捕されている。一方でオーナー側もたかが70円ごときに車のワイパーにしがみついて命に関わる事までせずに警察にナンバーだけ通報しておけばよかったのではないかという意見も出てきている。

写真:静岡県のセルフ式サービスを提供するローソン
ローソンの入れたてコーヒーは、店舗によってフルサービスでやるか、セルフでやるかを選択できるようであり、最近は店舗負担軽減のためセルフでやる店舗が増えてきているようである。その客が何度もやっていたのか詳しい経緯は不明であるが、仮に入れ間違えたとしても店員に申告して差額を払うなりしていれば良い所を、それを堂々と持ち帰っていれば窃盗になるのは言うまでもない。水はタダじゃないかという人もいるかもしれないが、窃盗に液体も含む訳であり使う豆やコーヒーの量が違うから価格も違うのである。こういう事件は全国で多数あるはずで1回や2回程度では逮捕まで行かないかもしれないが、ほぼ毎日のように来店しそれを繰り返していたとすれば逮捕される可能性が高い訳でコンビニでコーヒーを注ぐ際のボタン選択は十分気を付けてもらいたい。