全国旅行支援「regionPAY」って何者?東京・神奈川・静岡等で採用

全国旅行支援の地域限定クーポンはほとんどの都道府県で紙媒体を採用していますが、知事の判断で先進性をアピールしたいとか紙を印刷する時間や手間がかかるような場所では電子が採用されています。東京・神奈川・静岡・大阪では電子クーポンとなっており「regionPAY」という謎アプリを入れてそれにチャージして利用するという形になっています。東京もやり方は同じかと思いますが、静岡を追加してみました。紙で貰った方が旅行者も旅している気分になるし店も事務局も楽だと思いますが、都知事が「有価証券扱いなのでその辺のプリンタでは刷れません」とか発言していましたし印刷する時間が無いという理由で電子になったのでしょう。電子は電子で1000円未満の買い物でも1円単位で無駄なく使えるメリットがあります。


regionPAYアプリを入れると、まず最初に会員登録という事で携帯番号の入力とパスワードの設定が必要になり、その後携帯番号を使ったSMS認証が行われるのでそれを通過すれば登録完了となります。

位置情報のポップアップが出ますが、許可しないと使える店一覧が出てこないのでそこは注意しましょう。

支払とチャージという事で、ホテルからもらったQRコードを読ませてチャージするとポイントが入ったという扱いになり、対象店舗で1ポイント1円として使う事が出来ます。

こんな感じで簡単にチャージできます。支払もQRを使って支払うという事で、GOTO電子クーポンとよく似ていますがSMS認証が追加された点では厳しくなっていますね。東京の事務局に聞いた所「スマホが無いという人向けに紙クーポンも用意はしているが使える店舗がかなり限られる」という事で、使える店舗を開こうとしましたが重くて開けませんでした。regionPAYという名前だけ聞くと怪しいアプリ感満載ですが、クーポンを使うためには必須で怪しいアプリではないのでそこは覚えておきましょう。